2008年09月13日

金属波打ち際のダンス

蝶
地下鉄の駅から地上に出る間際、エスカレーターの最上部に蝶の屍骸が落ちていた。エスカレーターが吸い込まれていくのにあわせ、蝶の屍骸が踊る。
深夜、エスカレーターが止まるまで踊り続ける。

ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
人気ブログランキングへ


posted by 黒川芳朱 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 写メー人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック