2009年08月23日

ALWAYS 三丁目の寝汗

 俺がむかし小学五年生だったころ、うちの番地は二丁目だった。俺が六年生になって、うちの番地は三丁目になった。わかるかな〜、わかっても興味ねーだろうな〜。
 べつに引っ越したわけではなく、いわゆる住居表示の変更ってやつだ。以来うちは三丁目だ。
 俺がむかし二丁目の夕焼けだったころ、弟は二丁目の小焼けで、親父は二丁目の胸焼けで、おふくろは二丁目のしもやけだった。というのは夕日のような真っ赤な嘘で、おれには弟はいない。おまけにこれはパクリじゃん。ギンギンギラギラ嘘っぱちが沈む。
 時は昭和三〇年代。
 そしてそのころの記憶は、いつのまにか三丁目の夕日ということになってしまった。
 
 今日の夕方、一〇分ほどうとうとした。気づくと首の周りに汗をかいていた。寝汗は冷たくなっていて、異物感があった。自分の体から出たものが、自分の体とまわりの環境の間のズレを証明する。おまけに発汗していたときの意識はない。
 
 この三日ばかり、暑さの記憶ということにこだわったのは、CGで再現された見える記憶、視覚の記憶ではなく、暑さという視覚化や言語化が難しい感覚を、いかに記憶するかということに興味があったからだ。そして、このイコン化もテキスト化も難しい感覚に、戦後どのような変化があったかを再現できないかと思ったからだ。
 それは暑さの戦後史とでもいったらいいだろうか。
 そのほか、匂いの戦後史や、触覚(手触り)の戦後史なども面白い。そういったなかなか形にならない感覚の変化を、いかに記録したり再現したりできるかということに、昔から興味がある。
 このテーマは、思い出したようにポツリポツリと覚書を書いていこう。

 


posted by 黒川芳朱 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。